FX日本一トレーダーshinのコピートレード

FXコピートレードならfxshin.com


FXトレーダーシンのメルマガ

2011年度 大手シグナル配信
日本一のトレーダーシン

面倒くさがりな人でも再現性100%!
FXで稼げる方法をお伝えする無料メールマガジンです。

※今メルマガに登録すると、あなたに【再現性100%】給料以上の不労所得を得る方法を無料でプレゼントします。

  
名字

メールアドレス


メルマガ購読解除はこちら

トレード結果

日付pips

ブログランキング

facebook like button

シンのプロフィール


こんにちは。

トレーダーのshin(シン)です。

私は大学卒業後、1部上場大手製薬会社に勤務し、開業医と中小病院を主に5年間担当しました。

社内MVPなどを経て、花形である大学病院担当となり周囲からも将来を期待される毎日をおくっていました。

しかしその実態は、自分ではない自分を一所懸命演じ続け、上辺だけを綺麗に繕っていただけなのです。

投資に出会うまでの私は、社会人として企業に就職し定年までの安定した未来があるはずでした。

続きはこちら

トレーダーシンのお薦め

ブログカテゴリー

お気に入りに登録

三角持ち合いについて

 

今回はFX経験者向けの内容となります。

※それでは肝心の投資情報となります。

 

さて今回お伝えするトレードの話は・・・

前回の仕掛けのタイミングである、持合いの続きで

三角持ち合いについてです。

トレンド5

 (2)

上図は三角持合いのケースです。

 

今回は、高値を切り下げ、安値が切りあがっている場合を三角持合いと言います。

 

この場合、三角持合いに入る前が上昇トレンドであれば、三角持合いから上昇する確率が高いです。

 

ちょうど⑤ の場面だった場合、まず三角持合いに入る前のトレンドを確認してください。

トレンド6

(3)

持合いの一種

これはフラッグです。

 

基本では上昇トレンドから、直近安値を割り込んだら下降トレンドへ転換です。

 

 

この図よりもさらに急角度で下落した場合、

短期的には下降トレンドになります。

 

②を割り込んで⑤に引きつけてショートポジションを

持つ人もいるでしょう。

 

 

しかし、上昇トレンド中にこのようにフラッグを形成した場合、

短期下降トレンドから上昇トレンドに変わる事を常に警戒してください。

 

 

チャートを見るたびに、必ず日足~週足まで直近の高値安値を確認し、

上昇トレンドなのか、下降なのか、ボックスなのか、判断できるようにしてください。